求人情報をチェックする際、例えば、デスクワークが希望だから・・

  • 求人サイトを見る場合、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんな人の多くは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしているケースもあります。事実、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される職も結構な数あります。しかし、製造業の多数はオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがデメリットに感じられるかもしれません。けれど、自分のこだわりを捨てることによって仕事の選択肢が拡がるはずです。

  • 転職したい会社で見学などがあるとたいへん参考になります。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られて気持ちが高ぶります。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、本当の現場を見せることがまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のプライドも高い業種なので、入社するまで本来の姿は伺えません。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがたいへん重要なのです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人には万が一トラブルが発生しても保障がないため、進められても角が立たないように断るとこが大切です。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 前は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。であったので、求人を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、地域密着なので、探しやすい魅力があります。また、「ハローワークは地味なイメージがある」と先入観を持っている方も多いかと思います。ですが、良い求人もそこそこ掲載されているのでそろそろ転職しようと考え中の方は、ハローワークへ足を運んでみてください。有名な転職サイトのような大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕事で・・

  • 転職後は、だいたいの場合はそれまでの仕事の多くの出来事は美化されます。実際のところ今の仕事内容が合意できない点があるから、そういった思いを解決するためにやっと再就職すことになったのに、時間の経過とともに転職した会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と思う機会が増えてきます。それというのは至って普通で、前の職場では日々の仕事をこなすことに慣れていて事もなくやるべき仕事もたやすくできていたのももっとも理由にあるでしょう。その一方、「やっぱり転職しなけりゃよかった」と真剣に感じるほど、前の会社のほうが報酬も仕事に対してやりがいがある可能性もあるはずです。

  • 退職|この前新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

  • この前転職の準備をしておこうと人材バンクに登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングに出てきた担当の方がどうも大学卒業後まもない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1もその社員は理解ができていない感じ。にもかかわらず「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが大事です」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄にのたまうから大変不快でした。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングのスキルがある社員にするべきです。

  • 退職|生まれて初めて失業保険を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている・・

  • 生涯初の失業保険を受けるときに、何もしなくても給付されると思っている人がかなりいますが、それは誤解です。実は、失業保険の給付を受け取るためには、職探しを続けていることが必要で、さらには、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。因みに真面目に仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に不参加だった場合は、当然問答無用で給付が一時停止となったり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるので充分に注意しましょう。

  • 転職先を選ぶのに、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒に…

  • 転職をするにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも重要だけどそれに加えて給料アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」に登録して前もって研究をしています。全く一緒の会社で全く同一の職種、社歴なのにすごく人によって違いがあることも多くて、正直に言えば面接の際質問をしたことがあります。面接官も同じサイトを見ていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた側も誰だろうとある程度は察しがついているのですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

  • この話は兄の知り合いの話です。

  • こういう転職というのは知り合いの話です。在学中の就職活動でなにがなんでも入りたかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用となって、それから先やむを得ず別の会社に就業しました。その後2年経過したぐらいに派遣求人サイトを見ていて偶然A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、じっとしていられなくなってその時働いていた会社をすぐ退職し、A社での派遣勤務を開始、勇気がありますね。必死のパッチで頑張ってそれから先無事にA社で正社員登用され、現在においてはやりがいを持ちつついきいき勤めています。

  • 退職|就職するため職探しをするときに特に注意したほうがよい募集内容…

  • 転職活動時に特に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めというものです。こういった求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合がたいへん多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので前もって給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みです。(ちなみに、これは違法ではありません)例えば『みなし残業代20時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」ということになるわけです。が、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していない場合もありますのでよく気を付けてください。

  • 派遣での仕事が決定しました。就業初日に営業を担当している方…

  • 派遣での仕事が決まりました。仕事の1日目に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近くのコンビニで待ち合わせたところ、担当者がどういうわけか約束したお店の前にいないので店内にいるのではないかと考え店内に入っていったら、営業担当者は雑誌コーナーの前に座り込んでいやらしいグラビアのところを開けて見ているところを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて絶対に無理だと感じ、挨拶することもなくコンビニから出てすぐに派遣会社に辞退の連絡をしました。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。企業の大部分は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事なポイントになってきます。ただ穴を埋めるだけでなく、記載内容の充実を図ることも大事です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入してみましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上〇%UPした等、わかりやすく記載しましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分のブランディングのために利用することも満足のいく転職をするための一つの手です。

  • 転職における採用面接に希望先の会社へ向かいました。

  • 転職のための採用面接を受けに向かいました。会社の会議室が空いていないというわけで外のとある場所で人事部の人と待ち合わせて面接を行って、その場で解散をし、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも下りる駅が私と同じだったのです。ですから電車内においても面接官とずっと話しながら帰宅することになって、その結果打ち解けて面接しているよりも話が弾み、それが功を奏したからなのか問題なく採用も獲得することができました。

  • 退職|再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズ可と…

  • 転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださいと伝えられる場合もあるようです。しかし、クールビズで伺うのは本当は良くないのでは?と思ってしまう人もいます。そのような思いを懐に感じている方に伝えたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接の場面では伝えられていることを守った方が堅いです。色々考えてしまい、真夏でありながらスーツを着込んでいくと暑苦しいと思われますから、クールビズで良いと言われたらクールビズで大丈夫なのです。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイトを見ていてふと自分に向いていそうな仕事を見つけ出し問い合わせたところ「そのお仕事はもうすでに別の方で話が進んでいます」と言われて瞬間的にウェブサイトから仕事情報が消えるのですが、なぜか次の日になると消えたはずの情報が掲載されています。それって結局は私だとダメって意味ですよね。そういうことならば初めからカドが立たないくらいに正直に教えてくれるといいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。はたまた客寄せのための偽のお仕事なのでしょうか?

  • シフトのある仕事についてです。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接時にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、前に私は産休で抜けた人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた人が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返すと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

  • 退職|大規模な転職エージェントほど、潤沢な案件を抱えてい…

  • 転職エージェントは大規模であるほど、いろんな案件を取り扱っているという長所があるといえますが、その反面、転職希望するライバルも多くいることになります。したがってあなたが、気になる企業を見つけても、転職エージェントの担当者が「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してくれないこともありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先することもあります。このように大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っておりそこそこ難しいので、考えを変えて中小クラスのエージェントたちに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と相談しておくと自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

  • 転職活動における最後の難関として、現在勤務している会社の退職があります。

  • 転職活動における最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社から採用の内定を得たとしても、今いる企業があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくあるケースです。そうなってしまった場合、絶対に退職する、という強い意思を持つことが重要といえます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得や個人事業・起業といった生き方も増えています。

  • 現在は、株・不動産投資などの不労所得や自営業や起業で頑張っている人も増えています。そういった背景もあり、「自営業は安定しない」といった今までの考えも変わりつつあります。高度経済成長を遂げている際には、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に広まっていました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」などと言い表されています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

  • 転職のための採用面接に関して、勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職を成功させるための会社の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用をされたいあまり必要以上に猫をかぶることはそれがそのまま逆効果になります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「残業」といったような、普通ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って聞いておくと結果的に間違いなく自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経な質問をすることで最終的に落とされてしまうのでは?」と危惧するかもしれません。だけどもプラスの結果になることは少なくないようです。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。ついつい面接の場ではモジモジして質問できません。しかしながら、あなたが勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。

  • 退職|『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれば…

  • 『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。しかし、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずにおよそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、退職が受理されたのが同年の11月です。本来、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、うまくいきませんでした。やっぱり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと会社や上司に対してガッカリしました。

  • 以前は看護婦と言った看護師というのはどうしても女性の割合がすごく大きい…

  • 看護師といえば、やっぱり女性比率がかなり高い職です。知られていると思いますが気力それから体力を大きく消耗する職場ともいえます。そのために、職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産によって仕事と私生活のバランスが難しい職業でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多い現実があります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。最近は特に、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける原因になっているのでしょう。



  • 仕事辞めたいと言えない