TOP

友人による紹介で転職する先を見付ける人がいます。

  • 知人による紹介で転職先を見つける人もいます。とはいっても転職先の労働環境、それと労働時間などの大切な部分を紹介者の口コミを過剰に信じるとあとで面倒なことになるおそれがあります。当然ながら、個人の口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに紹介した人から見たら働きやすい職場に映っても、自身にとってはそうではない環境なのかもしれません。その逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミを過剰に信用しないように、しっかり自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

  • 今の自分のスキルが有利にはたらくように再就職を検討する場合は・・

  • 自分のスキルが有利にはたらくように転職をするつもりなら、比較的、転職がしやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を事前に知っておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、たえず人手が足りない医療や介護系のジャンルが最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルの高いジャンルといえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、理由あって他の業界へ転職したいと思っているのなら、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。ですから、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、異業種ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておきましょう。

  • 再就職する際、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」です。

  • 転職活動において、かなり要となるのがまぎれもなく「面接」です。普通、面接の場合は面接担当者が当人に対して転職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして、面接を終えるあたりで次は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わります。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か疑問に思うことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、何も聞けずじまいになるかもしれません。こんな時の為に、予め面接担当者からの質問を想定し、(あなたからの質問を)準備しておくのも良いでしょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|転業を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多様な企業の募集案…

  • 転身しようと思っているならたくさんの企業の募集案内を日常的にチェックすることが、転身先を選ぶのにとても役立ちます。あなたが今の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、転職活動を開始したとき、どこの企業もいいように思えてしまします。そんな状態に陥ると、どの会社を選択していいのか迷ってしまい、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。そのため、最終的には短期で退職してしまうおそれもあるので、見る力を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、チェックをする目安になります。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

  • 退職|今まで経験したことのない分野とかに職を移そうとするときに・・

  • 全くの初挑戦の業種などに転職したいと思っている場合には、自分が前の職場で培ってきたスキルやこれまでの経験が生きるという内容の自己主張が必要です。勤務経験のない業種の場合、その分だけそのジャンルで経験してきた人たちよりも事実、不足することはありますが、自分が保持しているスキルがそこでも発揮できるということを相手に伝えることができれば、勝負になることも十分に考えられるのです。そんな訳で、未経験のジャンルに挑戦するときには、その分野と自分が今までやってきた仕事内容とのつながりを可能な限り探し出してみましょう。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、100%の確率で質問されます。この時、いかなる理由があったにせよ、前の職場の「人間関係」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる内容などは、なるべく控えたほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをふいにしてしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが大切で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といったようなアピールの仕方が大切です。

  • 退職|一度あなたが、転業の決心したなら、あくまで周りにその気持ちを教えないよ・・

  • もしもあなたが、現職からの転身の決断したのであれば、あくまで一緒に働く人にはこっそりとその気持ちを悟られないように、首尾よく転職活動していき、転身先が決まらないうちは、可能なだけ同僚に気づかれないように平常通りに業務をこなしていくのが無難です。働いている間、この点を意識しておけば、万が一いい働き先が見付けることができなくても、転職予定を持ち越しながら、現職にそれまで通りに続けることもトラブルがありません。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、それを受けた応対をし始めます。おまけに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、会社内では「あいつは退職する人」という位置づけになります。そうなると、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、仕事を続けている間、肩身の狭いと感じる可能性があります。