TOP

転職をするのに、まずは今勤務している会社を辞めた後…

  • 転職活動を始めるときに、会社を辞めてからという考えを持つ人もいますが、その場合にはボーナスをもらえる日について事前に確認しておくのが無難です。ボーナスが支給される企業はたくさん存在しますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスが支給される日が近づいているのであれば、ボーナスをもらってから退職するというやり方もおすすめしたいです。ボーナスだとそこそこ大金なので、もらっておかないともったいないとも言えますから、転職を思いついたらいつ頃ボーナスが手に入るのかを確実に頭に入れておく方が賢い方法です。

  • 働くことによって心的につらくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら、…

  • 会社が原因で回復が難しいほど精神的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況になったのなら、相談するのは会社の人にするより自身の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。仕事をするということは当事者であるあなたですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い給料をもらっていたとしても、精神面がボロボロになるまで無理しながら働くのは好ましい状況とはいえません。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、働く当人が働きやすいことを優先していく生き方も認められつつあります。ですから、あなたの身内とともに、あなた自らの体を大事にしましょう。

  • 退職|クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行く際に…

  • クールビズで再就職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットに関しては着用しなくても大丈夫だと言い切れますが、ネクタイはして面接を受けた方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイもする必要ないと考えている会社もあるとは思いますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズであっても必ずつけなければならないと思っている企業がそこそこ存在するわけです。したがって、例えクールビズが許可されていてもネクタイだけはつけて面接した方が良いというのは知っておいてほしいです。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。

  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることの証明が必要になりますが、だとしても、現実的には「ハードワークから解放されたし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」のが本音でしょう。本当に仕事探しをしているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は必須ですが、その場で求人票のチェックは最低限しておきましょう。本気になって探す気持ちが出ないときは、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見当たりませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

  • 転職の面接などにおいて担当者に名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手側…

  • 再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に渡すべきか?と迷ったら、ほとんどは差し出さなくても良いと知っておいてください。面接とは仕事ではなく、職を得るための就職活動の一環なわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場とは異なります。それに加えて、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげることはまったくないと考えられます。