TOP

退職|就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず後からバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。現在の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 退職|仮にあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • 仮にあなたが転職をする場合、U・J・Iターンで大都市から地方に移って再就職したいと検討している人、実践している人が増えています。昔と違って転職サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人も容易にアクセスできます。けれども、郊外や地方での求人情報では、どうしても選択肢が限られてくるのが欠点といえます。したがって転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも定期的に確認してみてください。そうした機関の就業サポートのイベントにも確認しておくとよいでしょう。

  • 退職|将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは職…

  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(あるいは業種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業、ブラック」でネットで検索してみましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、インターネット検索を通じて瞬時に実態を知ることができます。そういった手間を惜しんで入社した場合、あとで落胆してしまうおそれがあります。だいたい求人が出ている理由が、「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」という場合がかなり多いため、目に留まった案件について、注意したほうが賢明です。

  • 退職|派遣という形で働く人が徐々に増加する傾向にあります。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が近頃は増えています。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかをなるべく面接の際に確認しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらうシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、悪い派遣業者では、3割しか労働者に還元しないという場合も多いです。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、極力違う派遣会社を利用すべきです。

  • 失業者に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

  • 失業したときに給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。それまで勤務してきた期間に応じて違い、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。永久に失業保険で生活しようと考える人がいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りつつ就職先を見つけようとしてもうまくいく可能性は低いでしょう。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に何をしていたかといった部分はだいたいバレると思っておくべきです。ときには、面接担当者からその手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受からないでしょう。

  • 退職|転職のための採用面接では、零細企業クラスの場合大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが…

  • 転職のための採用面接では、零細企業だったら「人事」が面接官ですが、100%ではないのです。実際に仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、わかりやすく言うと課長・部長などの役職の人が面接することも決して少なくありません。特に、事務・営業に転職する場合は資格のみでは人の判断をするのが難しいですから、積極的に自分という人物をアピールすることがとても必要であり大事なことです。面接担当者から「この人はハッキリ主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

  • 大企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。

  • たいてい大手企業は定期採用中心で、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そればかりか、田舎のほうでとなると転職の見込みはさらに少なくなりそうです。例外的に、製造業の場合には、都市部でない地方の工業団地近辺に工場を構えていることが可能性が高いです。そういう工場は、事業分野の拡大時に「人員募集」をしていることがよくあるので、そういった好機を利用するのが無難です。地方の工場に転職しようと思うなら、希望する企業についての下調べからあらかじめチェックしておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人がないかちょこちょこ確認しておきましょう。

  • 転職の際、派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほし…

  • 転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えていただきたい点があります。まずはじめに派遣というと、「データ入力」「電話対応」「その他雑用」といった業務をなんとなく連想される方が多いかと思います。はじめはかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「担当する業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。しかし、いざ入社したとたん、「電話対応」以外に、退職した正社員の業務の穴埋めをやってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、当初の説明とは異なる内容ばかりなので毎日とても困惑しています。今はただひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。

  • 現在の自らの職場や業務内容に対して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今の自らの職場や業務の中身について何かしらの不満があるはずです。「自分のスキルや、仕事上での能力を真摯に評価してもらえない」さらには、「月給はアップしないし、将来的な昇格も期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自らの持っている技量を実際よりも「過大評価」してはいないか、改めて確認することが不可欠です。もしも、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と再就職先が全く決まらないことになりかねません。おそれがあるので、注意が必要です。なので転職で良い成果を出すためにも、あなた自身のキャパシティを厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • 看護師という職の人のそれ以外の職業に転職を決断する理由は・・

  • 看護師という職業の人の他の職業に「転職しよう」と思う理由は人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると転職には「職場の中に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してから一人とは変わって出産さらに子育てそれに家族の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によって今までのようには働き方が厳しくなってしまった」「稼ぎに不満がある」など、さまざまな理由が考えられますね。ですが、転職を決断する前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついて静かに再度、現状認識をしてみることも重要です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断してみてください。