TOP

転職活動をするとき、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したり…

  • 転職する場合は、予め、ネット上の求人サイトを閲覧したりして気になる会社をチェックするはずです。とはいっても、当該会社が情報を載せるにあたっては、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。たとえ公表したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった「社長インタビュー」などに関しては、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんな言いがかりをつけて辞めさせないように仕向けてきます。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

  • 退職|勤務していた会社で嫌な感じの上司に困惑してしまい、ついに・・

  • 初めて働いた会社で怒りっぽい上司に嫌な気分にさせられ、結局これ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業者の別の企業へ職を変えました。上との関係も良好で働くことができとても満足の毎日でしたが、ゆっくりと会社の売上が悪くなって、とうとう経営統合されました。偶然にもその経営統合した会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、それどころか感じの悪かった上司が再度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょう。言うまでもありませんが新たな転職先を探す活動を始動しています。

  • 転職活動をしていれば、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

  • 転職活動を行っていると面接で「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。これらのうち志望動機については、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これと違って転職理由についてそのまま話すのは得策ではありません。待遇に納得できないことや、人間関係に関する問題など、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選択しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

  • 退職|転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。初めて利用した人はかなりびっくりすることが少なくありません。転職エージェントは転職を助けることが仕事だと考えられるので、非常に積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が入る仕組みといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。さらに、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、妥協した形の転職とならないように注意することが大事です。

  • 求人についての情報では、大部分の場合は普通の職場で…

  • 求人情報には大部分の会社では月の収入が記載されているはずです。だけれどもこの月収の部分を調べれる時には、注意深く確認する事が大事です。その数字だけを見て納得しないほうが良いです。何故かというともしかすると、月収の金額のなかに「毎月20時間分の残業」が条件になっているかもしれません。何があるかというと残業代の金額を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとする所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあったります。ですから、そうやって表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 転職期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない様にすると…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたことで知らないうちに集中する力が身に付きます。加えて、体力アップしていることで他の社員たちと比較すると体力が持続するということを認識します。なので、退職後は好きなことに打ち込むことと、体力を維持させるように努力をしておくのがベストです。また、その会社で同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、仲良くなるキッカケになるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 職を変えようとしようとしている時に見ることになる募集内容に関しては・・

  • 転職をする際にマークする求人情報というのは、基準的なものとして、アバウトに載っている、ということもあり得ます。そのため、そこに書いてある情報は必ずしも正しいとは思い込むのはやめておいたほうが賢明でしょう。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給料の額などにおいては、平均的な値なのか?最低保証の金額であるのか?最高額の給料なのか?というような見解ができない人のほうが多く自分の勝手な判断で決め込んでしまうと、後から悔しい思いをすることになりかねません。そのような訳で、悔いることのないように、求人情報というのは、目安だと思って、そのようなたいへん大切な事は会社に直接確認を取るのが適切です。

  • 退職|再就職する場合、準備は不可欠です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に映る「服装」は、気になるところだと思います。…が、ここ数年の、企業面接については形式ばらない服装が良い企業もあるので、ガッチリとビジネススーツで決めて面接に行く必要がないケースもあります。会社の創設してすぐの企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服の方が相手先に印象をあたえます。そして、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服であれば、面接中に、洋服について、話もしやすいです。ですから、担当者へのアピールにもなります。ということで、転職するのなら、気になる企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 再就職をする際の面接のときにする腕時計の事ですが、どう見ても目を惹くようなタイプの…

  • 転職時の面接のときに着用していく腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの時計はやめた方が悪い印象を与えません。目立つというのはブランドの腕時計であるとか、それとは逆にチープな腕時計に見えてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって両極端な意味で目を惹くのだと考えておいてください。面接のときにする腕時計についてはポジションとしてはスーツやネクタイのようにとらえて、面接にふさわしい適切なものをつけるほうが確実です。けれども、自分の年齢にあった腕時計というのもとても肝心であって、新卒時に着用していた腕時計よりはほんの少しでも高い腕時計にした方が好印象であるということははっきりといえます。