TOP

違った会社に入りたいと転職をしようとがんばっているときの場合・・

  • いい企業の社員になりたいと転職を希望する人とは「ちょっとでも早く、採用通知を手に入れたい」と考えてしまいがちです。とはいえそのために内定ほしさのばかり、自分の能力に関して嘘をついたり、あるいは逆に自分を過小評価するかのような行動はぜったいに避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。

  • とある古物商の求人にて、書類審査に合格しました。2、3日…

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について相手方から連絡をもらい、しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。待っていると、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、終始驚くほど面倒くさそうな態度を見せてなんとか面接は終わりました。けれども、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこで改めて連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまったのです。私はしばらく言葉も出ませんでしたが、本心から、採用されなくて良かったと感謝しています。

  • 得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなのですが、私の場合、食べることが本当に大好きでそれが高じて、過去には、飲食店に勤めていた期間があります。そのお店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、職場の人間関係で嫌になりました。そのことが理由で、退職する羽目になりましたが、その影響からか、好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になり、似たような飲食店は今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思うのは素敵ですよね。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、真面目に自分と向き合ってから行動するべきです。

  • そろそろ転職を考えているのなら、今の仕事の何に不満を感じているの…

  • これから転職することを希望しているのなら、今の仕事の何が気に入らないのかを明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らないことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「存在する業務の客観的に考えた満足できない点を明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、現状の問題が全て改善するとは限りません。こうした整理をする事で、転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできます。

  • 退職|転職活動のコツは希望先転職先の会社企業というより、どちらかと言えば面接係員・・

  • 転職活動で重要なことは希望している企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、まずは面接が始まるときに冷静に対応することを心がけましょう。素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる向かうと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接係員は先ずあなたの人柄や人間性を判断されるので悪い評価になるような身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。また常識的な社会人らしく清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、自ずと良い結果を出せるはずです。

  • 20代前半に転職を2度行い、そして今、資格取得のた…

  • これまで20代前半までに転職を数回で、現在は資格を取得したいので派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務でないため、やはり毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかしその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。学生のうちに資格を手に入れて、仕事を続けるという方は本当に稀です。資格を活かして働いている方と話すと羨ましいと見えてしまいます。前までは、自分よりも上手くいっている人と比べ、悩んでしまう日もありました。しかし現在では、結婚してから、がらりと生活自体が大きく変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、自分の人生に満足できるようになりました。

  • 転職を成功させたいのなら、行動する前に情報を集めることを徹底してみましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初から情報収集が必須です。そうしようと思うのなら現在はいくら小規模な会社であってもホームページに会社の紹介を書いているところが普通なので、インターネットで自分の気になる点を手に入れるとそれとその会社についてわからない点等を解消しておくと転職に役立つはずです。それと公式ホームページ以外にも、「転職サイト」の情報に目を通しておくと対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職の候補にしている企業を自分自身で見て確かめることも大事なことです。

  • 今までは求人誌に募集条件の中に「性別」まで、書かれているのが普通でした。

  • かつては求人情報では、雇用主が必要とする「性別」について、もれなく明記されていました。しかし今では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用において、男女の差別がしてはならないとして、募集要項の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そうはいうものの、募集情報を出す企業側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。実際問題、男性を必要な企業に女性が応募したり、女手が必要なのに男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と捉えておく確実でしょう。

  • ずっと接客関係で勤務してきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長年にわたって接客業で仕事をしてきましたが、年をとったせいか立った仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへ転職することを目標にして行動にうつりました。事務が未経験だと少々難しく、接客経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人の病院に転職することができました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅時間も遅いのですが、まずキャリアの形成時と思って仕事を続けます。