TOP

転職活動を行う際は、まずとにかく自分の心のうちが落ち着いている…

  • 転職をするための活動中はとにかく、まず必ず自分自身の内心が慌てないということを心がけましょう。まだ辞めないで転職をする活動をしている場合、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行うのであれば、人というものは内心が焦ってしまいます。その点を踏まえ、慎重に活動するように意識しましょう。将来、自分でやってみたい業務、思い描く理想の職場などを具体的にしてみてください。そのイメージを候補の職場と比較してみて、合致しているかをしっかり、冷静に見極めてみてください。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。

  • 就労中は可能ならば、周りの人間にバレないように(自身の場…

  • 在職期間にあるときは、可能ならば、バレないように(自身のときは)前職中に転身する考えだけを早い時期に社内でほのめかしたことがありました。でも、その顎、求人情報を散々見て回ったのですが、悲しいことに転職先のあても、仕事を変えるタイミングすら無鉄砲に決まらずダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても好きなタイミングで辞められるわけではないと実際に転職活動を経験して感じました。私は新婚した後、生活が落ちついたら早く子供が欲しかったので、妊娠するまでの期間のために数年だけ今の仕事したかったので就職しました。派遣社員ということもあり、給料は安かったですが仕方なく家庭の時間のために、この道を選択しました。ですが、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半が派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣社員だからといって、すぐに辞められるワケではないと、ちょっと困っています。

  • この先、私たちの社会的環境においてますます簡単な仕…

  • 近い将来、社会では着実にシンプルな作業は機械によってそして、労働人口はどう考えてもカットされていきます。短絡的な作業という観点では人間が作業するよりも機械を稼働させたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を繰り返すのは機械には何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って不平不満を言わないし、ペースが変わることもなく誤魔化すこともないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。付け加えて、報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。なので、生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械にシフトされるもの自然の流れなのです。

  • 退職|転職をするために現在働いている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが・・

  • 転職を行う際、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮にあなたの側から退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないといけないのです。よって、会社を辞めた翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果としてハローワークの担当スタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。