TOP

転職前、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • もし再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると雰囲気が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。それだけでなく、残業時間を増やされてしまう事があるので、うかつに転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。そのようなトラブルを回避するため、現在の職場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去ることが出来ます。さらには、円満退職で終えられたなら、辞めた会社に困ったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模などに関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりがとても大事なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ控えましょう。

  • これから転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は…

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。これは働いている会社がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、必ずだれでももらえます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このときの、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後に受け取った月の直近の給料を基準に失業手当の金額を算出されるので、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人は少なくありません。でも、仕事を続けつつ求人情報を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体も負担が大きいといえます。加えて、転職活動中は、現在の仕事の同僚・上司たちにもバレないように生活しなくてはなりません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識を持つことが大切です。

  • 最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなった…

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、損をする流れになってきましたが、完全とは言い難いです。そのため、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を確認し、怪しい点についていろいろと質問してみることです。「ブラック企業」の場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になることがよくあります。特に「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い顔をすることが多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

  • がんばっている転職する活動で「私は今までずっとこういった価値のある…

  • 励んでいる転職する活動の際に「かつて、このような価値のあるの仕事に尽力しました」「仕事の中でこういったスキルを身につけることができました」と自分自身の実績をがっしりアピールしなくちゃと考える人は多くいます。ですが、応募し再スタートを図る場所で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が触れたようなことであれば積極的に貢献できるはず」と未来の展望を話してアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 退職|今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。あなたに特許出願の経歴があるなら、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を出した経歴のある人や、雑誌で紹介された人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと疑われる勧誘をされた場合は、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を取ろうとする会社があるのですが、その手の業者は例外なくサギであるのできっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。

  • 退職|将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職・・

  • 楽しんで転職と向き合うことで、メンタルに負担を感じることもないので、転職活動の間の堕落も避けられるはずです。精神的な箇所が健やかな状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、休職期間を作らずに新しい勤め先を見付けることが大切です。現在の会社に勤務しながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのがもっとも良いです。さらに、隙間をつくらなければ仕事をやめても、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間がなく、履歴への影響も回避できます。すなわち、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、転職活動を進めていきましょう。

  • 退職|派遣で会社で働いています。労働契約法が原因で残念なこと…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法と労働契約法によりやむを得ず、長期間勤務していた勤め先での就業を終わらせなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で就業している会社で正規社員のポストを得た人もいるのですが選ばれた理由としては実際のところ仕事の実力とは関係なく派遣先上司の扱い方が得意な人でそのおかげでで採用された模様。仕事を行う能力よりもおじさん転がしの能力が大切なのかなーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の会社でいつも愚痴っています。

  • 退職|転職で面接でおいてほとんどの人が聞かれるのが前の職場を辞…

  • 転職をする際に面接でほぼ必ず尋ねられることが前の職を辞職したのはなぜか、という話ですがこのような質問になった時には話題を辞めた会社からそらしたほうが良いです。会社を辞めるに至った経緯を的にしてしまうと必ず悪い印象を与える要素を伴った話の内容になってしまうので。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ以前働いていた会社を辞めたのかという事をこの会社に必ず入りたい理由があったからといった話題に進めていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に話の方向を傾けていきましょう。こういった内容ならばマイナス面を消し好印象の前の職場を去った理由に聞こえます。

  • 仕事の面接で着るビジネススーツの色味は、新卒の方が就活の際…

  • 転職の面接でいるビジネススーツの色においては、新卒の就職活動の際に身に付けている色合いがベストとされています。言い換えるならば、黒や紺色などのような暗い色になるわけです。再就職のケースであっても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこのような暗めのカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでないカラーの人はほとんど見かけることはありません。あえて言えば、まれにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。全体的な割合をみても黒系や紺系のビジネススーツが圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う人事側からしてもそういった色であるほうが当たり前であるかのように感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひともそのようにしてくださいね。